コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川氏掟書 きっかわしおきてがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉川氏掟書
きっかわしおきてがき

『吉川氏法度』ともいう。周防岩国の城主吉川広家が,元和3 (1617) 年4月 26日に制定した家法。 185条。それまでに発布した個別法令を集めたもの。前後2部に大別され,前半は,家中軍役奉公規定,刑事規定,家中日常の統制規定,物品の盗取・貸借に関する規定,領内支配の規定,家族法に関する規定など,基本規定から成り,後半は,その細則および付則。『中世法制史料集』に所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android