吉村功(読み)よしむら いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村功 よしむら-いさお

1937- 昭和後期-平成時代の統計学者。
昭和12年1月24日生まれ。43年名大助教授。平成4年東京理大教授。三重県の四日市公害問題にとりくみ,四日市公害と戦う市民兵の会に参加してミニコミ誌を発行,被害者の支援にあたる。各地の環境権訴訟でも住民側証人として発言した。東京出身。東大卒。著作に「ごみと都市生活」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉村功の関連情報