コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田善彦 よしだ よしひこ

美術人名辞典の解説

吉田善彦

日本画家。大正元年(1912)東京生。本名は誠二郎。初め南画家中田雲暉に学び、のちに速水御舟小林古径に師事した。法隆寺金堂壁画模写で橋本明治の助手を務める。文部大臣賞・内閣総理大臣賞・毎日芸術賞・日本芸術院恩賜賞受賞。東京芸大名誉教授。日本美術院理事・評議員

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田善彦 よしだ-よしひこ

1912-2001 昭和-平成時代の日本画家。
大正元年10月21日生まれ。速水御舟(はやみ-ぎょしゅう),小林古径に師事。昭和12年院展に初入選,39年日本美術院同人となり,48年文部大臣賞,56年内閣総理大臣賞。57年「春雪妙義」で芸術院恩賜賞。あわくやわらかな色彩の風景画をえがく。45-55年東京芸大教授。平成13年11月29日死去。89歳。東京出身。本名は誠二郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田善彦の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ