コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田貫三郎 よしだ かんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田貫三郎 よしだ-かんざぶろう

1909-1945 昭和時代前期の挿絵画家。
明治42年生まれ。昭和7年横山隆一らの新漫画派集団に参加。のち挿絵に転じ,怪奇推理小説から現代小説,時代小説まで幅ひろく手がけ,代表作に吉川英治「大都の春」,久生十蘭(ひさお-じゅうらん)「魔都」などがある。昭和20年中国広東(カントン)で戦病死。37歳。兵庫県出身。神戸商業卒。本名は貫一。随筆に「蟹(かに)の爪」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田貫三郎の関連キーワード清水 崑

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android