コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久生十蘭 ひさおじゅうらん

7件 の用語解説(久生十蘭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久生十蘭
ひさおじゅうらん

[生]1902.4.6. 函館
[没]1957.10.6. 東京
小説家。聖学院中学校卒業。岸田国士に師事,1929年フランスに渡り,C.デュランに演劇を学んだ。 33年帰国,新築地劇団演出部に入り,かたわら推理小説を書きはじめ,『金狼』 (1936) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひさお‐じゅうらん〔‐ジフラン〕【久生十蘭】

[1902~1957]小説家。北海道の生まれ。本名、阿部正雄。フランスで演劇を学び、帰国後探偵小説を書き始める。推理、歴史、ユーモアなど幅広い分野で執筆、「小説の魔術師」と呼ばれた。「鈴木主水(もんど)」で直木賞受賞。他に「母子像」「魔都」「肌色の月」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

久生十蘭【ひさおじゅうらん】

小説家。函館生れ。本名阿部正雄。聖学院中学卒。新聞社勤務ののち,岸田国士に師事して本格的に演劇の世界に入る。1933年フランス留学から帰国後,演出家となる一方,《新青年》を舞台に《金狼》《黒い手帳》《湖畔》《ハムレット》などを発表。
→関連項目推理小説捕物帳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久生十蘭 ひさお-じゅうらん

1902-1957 昭和時代の小説家。
明治35年4月6日生まれ。岸田国士(くにお)に師事。昭和4年演劇研究のため渡仏。帰国後,演出家をへて推理・伝奇・ユーモア小説などを発表。27年「鈴木主水(もんど)」で直木賞。昭和32年10月6日死去。55歳。北海道出身。滝野川聖学院中学卒。本名は阿部正雄。作品に「母子像」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひさおじゅうらん【久生十蘭】

1902‐57(明治35‐昭和32)
小説家。本名阿部正雄。北海道函館生れ。中学卒業後,演劇運動に加わり,フランスで演劇を学び1933年に帰国。新築地劇団の演出助手を務めたこともある。《新青年》に翻訳・ユーモア小説を,続いて探偵長編《金狼》(1936)を発表,従来の推理作家の顧みなかった〈人間〉に関心を寄せ,心理的葛藤にメスを入れた作風を開拓した。さらに現代物の《キャラコさん》,谷川早名義で《顎十郎捕物帳》に領域を広げた。戦後は新聞小説に《ココニ泉アリ》《十字街》などがあり,51年《鈴木主水》により直木賞を受賞,《母子像》は53年の国際短編小説コンクールに1席入選した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひさおじゅうらん【久生十蘭】

1902~1957) 小説家。北海道生まれ。本名、阿部正雄。博識な技巧家で、心理分析に巧みな異能作家として知られる。著「鈴木主水」「金狼」「湖畔」「母子像」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久生十蘭
ひさおじゅうらん
(1902―1957)

小説家、劇作家。本名阿部正雄。北海道函館(はこだて)市生まれ。東京の滝野川聖学院中学を卒業後、函館毎日新聞社に勤める。演劇に熱中し、上京して岸田国士(くにお)に師事し、『骨牌(カルタ)遊びのドミノ』(1929)を発表。1929年(昭和4)渡仏してパリ高等物理学校、国立パリ技芸学校に学び、33年帰国。昭和10年代にはユーモア小説、推理もの、歴史ものを書き、51年(昭和26)発表の『鈴木主水(もんど)』で直木賞を受賞した。54年(昭和29)発表の『母子像』は国際短編小説コンクールで1等に入選した。[神谷忠孝]
『『久生十蘭全集』全7巻(1969~70・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久生十蘭の関連キーワード北海道函館市大町北海道函館市鍛治北海道函館市神山北海道函館市昭和北海道函館市末広町北海道函館市浜町北海道函館市東山町北海道函館市船見町北海道函館市美原北海道函館市元町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久生十蘭の関連情報