コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久生十蘭 ひさおじゅうらん

7件 の用語解説(久生十蘭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久生十蘭
ひさおじゅうらん

[生]1902.4.6. 函館
[没]1957.10.6. 東京
小説家。聖学院中学校卒業。岸田国士に師事,1929年フランスに渡り,C.デュランに演劇を学んだ。 33年帰国,新築地劇団演出部に入り,かたわら推理小説を書きはじめ,『金狼』 (1936) などを発表。第2次世界大戦後,歴史小説に転じ,『鈴木主水 (もんど) 』 (51) で直木賞を受け,『母子像』 (54) で『ヘラルド・トリビューン』紙の国際短編小説コンクールに1位入賞した。通俗小説の域は出ないが独自な感受性のきらめく巧緻な作風が注目された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひさお‐じゅうらん〔‐ジフラン〕【久生十蘭】

[1902~1957]小説家。北海道の生まれ。本名、阿部正雄。フランスで演劇を学び、帰国後探偵小説を書き始める。推理、歴史、ユーモアなど幅広い分野で執筆、「小説の魔術師」と呼ばれた。「鈴木主水(もんど)」で直木賞受賞。他に「母子像」「魔都」「肌色の月」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

久生十蘭【ひさおじゅうらん】

小説家。函館生れ。本名阿部正雄。聖学院中学卒。新聞社勤務ののち,岸田国士に師事して本格的に演劇の世界に入る。1933年フランス留学から帰国後,演出家となる一方,《新青年》を舞台に《金狼》《黒い手帳》《湖畔》《ハムレット》などを発表。
→関連項目推理小説捕物帳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久生十蘭 ひさお-じゅうらん

1902-1957 昭和時代の小説家。
明治35年4月6日生まれ。岸田国士(くにお)に師事。昭和4年演劇研究のため渡仏。帰国後,演出家をへて推理・伝奇・ユーモア小説などを発表。27年「鈴木主水(もんど)」で直木賞。昭和32年10月6日死去。55歳。北海道出身。滝野川聖学院中学卒。本名は阿部正雄。作品に「母子像」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひさおじゅうらん【久生十蘭】

1902‐57(明治35‐昭和32)
小説家。本名阿部正雄。北海道函館生れ。中学卒業後,演劇運動に加わり,フランスで演劇を学び1933年に帰国。新築地劇団の演出助手を務めたこともある。《新青年》に翻訳・ユーモア小説を,続いて探偵長編《金狼》(1936)を発表,従来の推理作家の顧みなかった〈人間〉に関心を寄せ,心理的葛藤にメスを入れた作風を開拓した。さらに現代物の《キャラコさん》,谷川早名義で《顎十郎捕物帳》に領域を広げた。戦後は新聞小説に《ココニ泉アリ》《十字街》などがあり,51年《鈴木主水》により直木賞を受賞,《母子像》は53年の国際短編小説コンクールに1席入選した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひさおじゅうらん【久生十蘭】

1902~1957) 小説家。北海道生まれ。本名、阿部正雄。博識な技巧家で、心理分析に巧みな異能作家として知られる。著「鈴木主水」「金狼」「湖畔」「母子像」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久生十蘭
ひさおじゅうらん
(1902―1957)

小説家、劇作家。本名阿部正雄。北海道函館(はこだて)市生まれ。東京の滝野川聖学院中学を卒業後、函館毎日新聞社に勤める。演劇に熱中し、上京して岸田国士(くにお)に師事し、『骨牌(カルタ)遊びのドミノ』(1929)を発表。1929年(昭和4)渡仏してパリ高等物理学校、国立パリ技芸学校に学び、33年帰国。昭和10年代にはユーモア小説、推理もの、歴史ものを書き、51年(昭和26)発表の『鈴木主水(もんど)』で直木賞を受賞した。54年(昭和29)発表の『母子像』は国際短編小説コンクールで1等に入選した。[神谷忠孝]
『『久生十蘭全集』全7巻(1969~70・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

久生十蘭の関連キーワード正岡子規熱雲東映(株)ダート・バンドプリンススカイラインALSID-1型民生エアサスペンションバス岸信介内閣テレビドラマ奈良(市)日活(株)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久生十蘭の関連情報