コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同型核分裂 どうけいかくぶんれつhomotypic division

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同型核分裂
どうけいかくぶんれつ
homotypic division

植物の胞子や動物の精子,卵子などが形成されるとき起る減数分裂は2回の細胞分裂が組合わさっているが,その第2分裂をいう。第1回の分裂は染色体数が半減する分裂で,染色体数に変化のない体細胞有糸分裂とは異なるので異型核分裂という。その後各娘細胞はただちに2回目の分裂を行い,これは普通の有糸分裂で,同型核分裂という。その結果1個の細胞から4個の娘細胞ができて,どの細胞の染色体数も半減している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android