コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同期通信方式 どうきつうしんほうしき

1件 の用語解説(同期通信方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

同期通信方式

ネットワークなどでつながれたコンピュータ間での通信方式データの開始位置や終了位置など専用のタイミング信号ををあらかじめ転送しておく。個々のデータの確認作業が不要となるため、高速な通信が可能。INSネット64では非同期通信(最大38400bps)と同期通信(最大64800bpsまたは12800bps)の2種類の通信方式が利用できる。Macintoshは送信側と受信側の双方がばらばらのタイミングでデータをやり取りする非同期通信のみしかできないが、GeoPortを備えた機種なら「非同期/同期PPP変換」機能を搭載したTAを接続して同期通信が利用できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同期通信方式の関連キーワードコンピューターネットワークネットワークカードホストリング型ネットワークネットワークシステムインハウスネットワーク電子ネットワークネットワークコンピューターハートビート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone