コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同期通信方式 どうきつうしんほうしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

同期通信方式

ネットワークなどでつながれたコンピュータ間での通信方式データの開始位置や終了位置など専用のタイミング信号ををあらかじめ転送しておく。個々のデータの確認作業が不要となるため、高速な通信が可能。INSネット64では非同期通信(最大38400bps)と同期通信(最大64800bpsまたは12800bps)の2種類の通信方式が利用できる。Macintoshは送信側と受信側の双方がばらばらのタイミングでデータをやり取りする非同期通信のみしかできないが、GeoPortを備えた機種なら「非同期/同期PPP変換」機能を搭載したTAを接続して同期通信が利用できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

同期通信方式の関連キーワードネットワーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android