コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非同期通信 ひどうきつうしん

3件 の用語解説(非同期通信の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

非同期通信【ひどうきつうしん】

送信するデータの前後に送信開始の合図となるスタートビットと送信終了を意味するストップビットを挿入して送る通信方式パソコン通信などで使われている。コンピューター通信上,データの転送開始時点は任意であるが,一旦伝送が開始されると,その開始時点を基準として受信側が後続のデータを時間的に区切って受け取る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

DBM用語辞典の解説

非同期通信【asynchronous connection】

デジタルからアナログへ、あるいはアナログからデジタルへの接続。電話回線を介した、モデムによる接続のこと。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非同期通信の関連キーワードチェックサムバーストモードユニキャスト送信IGMP区域外再送信ロボット観測エコーチェック公衆送信権誤送信

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非同期通信の関連情報