コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同源包有物 どうげんほうゆうぶつcognate inclusion

岩石学辞典の解説

同源包有物

火成岩の中に含まれ成因的に関係がある捕獲結晶または捕獲岩[Harker : 1900].ラテン語のcognatusは関係したという意味.同源捕獲岩,同源撈取物,同源捕虜岩(autolith),enclave homogene(⇒包有物)などは同意語.内成包有物(endogenous endosure)[Sauer : 1884].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

同源包有物の関連キーワードイソテピカル・セクリーション同源捕虜岩同源捕獲岩同源包裹物同源

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android