同源捕獲岩(読み)どうげんほかくがん(英語表記)cognate xenolith

岩石学辞典の解説

同源捕獲岩

火成岩が早期に急冷した周辺縁の破片が火成岩の中に含まれるもの[Grout : 1932].命名したグラウト自身が後になってこの語は間違いであると考えた[Grout : 1937].同源捕虜岩同源包有物,同源包裹物,同源撈取物などは同意語

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android