コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同盟体制 どうめいたいせい system of alliance

1件 の用語解説(同盟体制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同盟体制
どうめいたいせい
system of alliance

一般に同盟とは,ある国がほかの国と結合することによってその力を補い合い,増大させることを意図して行われる国家間における合成と定義できる。その諸形態には,勢力均衡のための同盟,地域的集団安全保障のための同盟,2国間の安全保障を目的とする同盟,政治同盟,経済同盟,貿易統制のための経済同盟などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同盟体制の関連キーワード戦国の七雄全面講和保護国攻守同盟全労単独講和同盟国CBP複合タンパク質ドイツ・オーストリア同盟

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同盟体制の関連情報