コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢力均衡 セイリョクキンコウ

百科事典マイペディアの解説

勢力均衡【せいりょくきんこう】

バランス・オブ・パワーの訳。国際政治において1国また1国家群が優越的な地位を占めることを阻止し,各国が相互に均衡した力を有することによって相対的な国際平和を維持しようとする思想,原理。国際政治における安定が本来の目的であるが,実際には,常に相対的優越を確保しようとする意思が国家や国家群にあるため,勢力拡張や軍拡競争を招く傾向が強まり,国際的危機の一時的休止状態ともいえる。
→関連項目安全保障国家理性集団安全保障

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいりょくきんこう【勢力均衡 balance of power】

バランス・オブ・パワーの訳語。国際社会の構成員間の〈力power〉の〈過不足ないつりあい〉を指し,その結果,一構成員がその意思を他者に強制できるほど強大になるのを妨げることができる状態として定義されてきた。これは構成員になんらかの制約を課すという点に意義があるといえる。その意味で,近代的統治機構における権力分立(チェック・アンド・バランス)の観念に対応するものといえよう。 勢力均衡の概念は国際政治のあらゆる理論のなかでも最も古く,また最も論争性に満ちたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいりょくきんこう【勢力均衡】

相互の勢力の力関係が釣り合った状態にあること。特に国家間で、同盟関係を結び一つの勢力の強化を抑え、互いに牽制けんせいし合うことによって国際平和を維持すること。バランス-オブ-パワー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢力均衡
せいりょくきんこう
balance of power

共通の権力の存在しない不均質な国際社会で、多数の主権国家がそれぞれの国益を追求しながら、いずれの国家(群)が優越的なヘゲモニーを握ることをも排除し、国際間に均衡を図ることによって相互に攻撃ができないような状況をつくり、国家さらに国際社会の平和と安定に寄与する国際政治上の原理ないし政策を勢力均衡という。
 勢力均衡の下では、各国は自国の安全を高めるために軍事力を増強したり、逆に軍縮をしたり、あるいは自由に同盟関係を組み替えることができる。そのタイプには直接的対峙(たいじ)と間接的競合の二つがある。政治技術としての勢力均衡の歴史は古いが、注目すべきは近世初頭以後である。ウェストファリア会議後のヨーロッパ国際社会成立から第一次世界大戦前まで、勢力均衡は、国家主権の概念、国際法の原則とともにヨーロッパ安定の原理として機能した。その理由として、ヨーロッパの主要主体間の力がほぼ同等であったこと、各国の軍事力と政治的意図が限定的であったこと、共通の文化・制度の存在、それにイギリスが「均衡調整者」の役割を果たしたことなどをあげることができる。そのイギリスもヘンリー8世以来の「光栄ある孤立」を捨て、19世紀末にはドイツとの軍備競争に突入し、第一次大戦の勃発(ぼっぱつ)を促した。
 現実の国際政治は依然として勢力均衡に依拠している。しかしそれによって国際社会の平和を追求・維持することには問題がある。勢力均衡による平和は現状維持にすぎず、またそれは、国力が計量可能であるという擬制のうえに成り立っているが、現実には各国は均衡ではなく相手の力以上の力を求めようとする。つまり勢力均衡のなかには軍拡のメカニズムが内包され、それはつねに緊張を増幅させ、戦争の原因となる。それゆえ勢力均衡下の平和は、きわめて不安定なものである。第一次大戦後、勢力均衡への批判が高まり、集団安全保障理論が登場したが、国際連盟の失敗に示されているように、勢力均衡にとってかわるものとはなりえなかった。
 20世紀に入り、国際政治の舞台の非ヨーロッパへの拡大、技術革新と核の出現、国際主体の多様化などによって、それまでヨーロッパの勢力均衡を支えていた基盤は崩れ、現在、勢力均衡の存立の構造的条件は摩滅したといえる。その意味において、新しいグローバルな安全保障パラダイムが模索されねばならない。[臼井久和]
『F・L・シューマン著、長井信一訳『国際政治』上下(1973・東京大学出版会) ▽H・モーゲンソー著、現代平和研究会訳『国際政治』(1986・福村出版) ▽高柳先男著『パワー・ポリティクス』(1991・有信堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の勢力均衡の言及

【イギリス】より

…一方経済的には,特恵関税制度を実施(1932),連邦諸国との相互依存関係が強化された。(2)勢力均衡政策 ウィーン会議(1815)から第1次世界大戦にいたる100年間,イギリスは七つの海を支配する海軍力と最先進の経済力を背景にして,〈イギリスの平和Pax Britannica〉を維持した。イギリスが極度に恐れたのは,どの国かがヨーロッパ大陸で絶対的な優勢を確立してオランダ,ベルギーなどの独立を脅かし,反英大陸同盟が結成されることであった。…

※「勢力均衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

勢力均衡の関連キーワードモーゲンソー(Hans Joachim Morgenthau)チェック・アンド・バランスロレンツォ・デ・メディチドイツ・オーストリア同盟バランス・オブ・パワーパックス・ブリタニカイタリア・トルコ戦争キウィタス・マキシマコジモ・デ・メディチ勢力均衡[国際政治]カウンターバランスウィーン最終議定書ヨーロッパ国家体系バランスオブパワーボナパルティスムクレメンス7世第1次世界大戦地域的防衛機構ベルサイユ体制ボナパルチスム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勢力均衡の関連情報