コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名見崎徳治(5代) なみざき とくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名見崎徳治(5代) なみざき-とくじ

?-? 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
5代常磐津兼太夫(ときわず-かねたゆう)の子。富本節。安政6年(1859)5代を襲名。慶応3年4代名見崎八五郎に6代をゆずって引退し,2代得寿斎となったが,6代が病身のため再出演。のち,女役者の妻と旅興行に出,相模(さがみ)(神奈川県)厚木で客死。本名は小沢庄三郎。前名は富本兼蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

名見崎徳治(5代)の関連キーワード明治時代浄瑠璃

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android