コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名越家昌 なごし かしょう

3件 の用語解説(名越家昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名越家昌 なごし-かしょう

なごし-いえまさ

名越家昌 なごし-いえまさ

?-1629 織豊-江戸時代前期の釜(かま)師。
名越善正(ぜんせい)の次男。名越三昌(さんしょう)の弟。京都三条釜座(かまんざ)に属する。慶長19年兄と京都方広寺の梵鐘(ぼんしょう)を鋳造し,越中少掾(しょうじょう),日本鋳物師棟梁(とうりょう)の名のりをゆるされる。のち幕府の抱え釜師となり,江戸名越家をおこした。現存の作品に日光慈眼大師堂前の銅灯籠(とうろう)がある。寛永6年4月14日死去。通称は弥五郎。号は随越。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

名越家昌

没年:寛永6.4.14(1629.6.5)
生年:生年不詳
桃山・江戸初期の釜師。京都の名越善正の次男で,名を弥五郎,随越と号した。慶長19(1614)年,京都方広寺の大梵鐘を鋳造するのに当たり,兄三昌 と共に各地から参集した鋳物師たちを統率し,越中少掾,日本鋳物師棟梁を名乗ることを許された。のちに徳川幕府に召し出されて江戸に下り,江戸名越家を興した。以後江戸名越家は代々弥五郎を通称とし,幕府御用釜師として幕末まで栄え,釜作りは現在も行われている。釜の作品の確かなものはなく,日光慈眼大師堂の銅灯籠が1基残っている。京都で没した。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名越家昌の関連キーワード辻与次郎伯庵名越善正飯田助左衛門名越実久名越三昌西村九兵衛堀浄知堀山城(初代)堀山城(3代)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone