名高手毬諷実録(読み)なにたかしまりうたじつろく

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎脚本。時代世話物。八幕。三世桜田治助作。安政二年(一八五五)江戸中村座初演。実録本により、大久保彦左衛門が一心太助に命じて、延命院・鏡台院騒動などを吟味し、松前屋五郎兵衛の無実を裁断する物語を、足利の世界にかりて脚色した大久保政談物の初作。通称「大久保政談」「一心太助」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android