延命院(読み)えんめいいん

  • (通称)
  • えんめいいん ‥ヰン

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 東京都荒川区西日暮里にある日蓮宗の寺。日長の開基。享和三年(一八〇三)住職の日道が祈祷に事寄せて婦人を集め、淫欲にふけったため、死刑に処された。
[二] 歌舞伎世話物。七幕。河竹黙阿彌作。本名題日月星享和政談(じつげつせいきょうわせいだん)」。明治一一年(一八七八)東京新富座初演。延命院住職の処刑事件を脚色。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の延命院の言及

【延命院日道】より

…江戸,日暮里の延命院の住職。寛政年間(1789‐1801)に住職となり,寺中の七面明神(安産・現世利益などに効験ありと信仰される)に参詣の婦女と密会,堕胎まで行ったとして,1803年寺社奉行脇坂安董の手で死罪となった。…

※「延命院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android