コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一心太助 いっしんたすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一心太助
いっしんたすけ

江戸時代初期の江戸の魚屋といわれ,講談,小説,戯曲に登場する人物歌舞伎では河竹黙阿弥作『芽出柳緑翠松前 (めだしやなぎみどりのまつまえ) 』で活躍。義侠心に富み,江戸っ子の典型。大久保彦左衛門忠教の愛顧を受けたという。東京都港区の立行寺に墓がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いっしん‐たすけ【一心太助】

戯曲・浪花節(なにわぶし)・講談の主人公。江戸で魚屋を営み、江戸っ子かたぎの侠気に富んだ人物で、大久保彦左衛門の愛顧をうけたという。歌舞伎「名高手毬諷実録(なにたかしまりうたじつろく)」などに登場する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

一心太助【いっしんたすけ】

大久保彦左衛門に愛されたと伝えられる江戸の魚屋。生没年不詳。実録本《大久保武蔵鐙(あぶみ)》に登場する。性潔白で義侠心に富み,寛永(かんえい)年間(1624年―1644年)浅草の穀商と旗本が対立した際,真相をさぐって大久保に告げ疑獄を防いだといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一心太助 いっしんたすけ

歌舞伎,講談などに登場する江戸の町人
いなせな魚屋で,腕に「一心白道」の入れ墨をしていることから一心太助とよばれる。天下のご意見番大久保彦左衛門に愛され,彦左衛門をたすけてさまざまな活躍をする。歌舞伎の初演は安政2年江戸中村座の「名高手毬諷(なにたかしまりうた)実録」(3代桜田治助作)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一心太助

江戸前期の魚屋。江戸の芝白金(東京都港区)立行寺の記録(石塔)では延宝2(1674)年12月23日没。架空の人物のため,実録体小説『大久保武蔵鐙』など伝承により異同がある。桃川実口演(『文芸倶楽部』1901年7月15日号)によると,本姓藪尻,彫り物の「一心如鏡」により一心太助と称した。三河国(愛知県)吉良の農民で,領主大久保彦左衛門に見いだされ,江戸で士分に取り立てられる。彦左衛門邸で饗応の際,皿を割った腰元菊野の罪を引き受け,残りの皿をすべて割るが,彦左衛門は刀の裏で襟元を触り罪を許す。これを機に太助は魚屋となり,江戸の諸方へ出入りをし,市井の事を聞き出し,彦左衛門に通じ,懐刀と呼ばれて功があった。川柳に詠まれたのは天保4(1833)年刊の『柳多留』と遅く,劇中人物としても安政2(1855)年江戸中村座初演の「名高手毬諷実録」が初めてと思われ,知名度は江戸期よりも今日の方がはるかに高いであろう。<参考文献>『三田村鳶魚全集』5巻

(延広真治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

一心太助

??〜??(??年〜??年)【町人】腕の入墨「一心」は義侠心のしるし。 講談・小説などの登場人物としてヒーローに。三代将軍家光の頃に、旗本大久保彦左衛門のもとで活躍したと伝えられる漁商。腕に「一心如鏡、一心白道」の入墨があったことに、その名は由来する。大久保政談の中で語られた、穀商松前屋五郎兵衛の冤罪を大久保彦左衛門と晴らした話は、後に歌舞伎や講談で人気を博した。ただし、この頃大名に出入りできる魚屋はおらず、架空の人物とも言われる。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっしんたすけ【一心太助】

大久保彦左衛門に愛されたと伝えられる魚商。生没年不詳。俠勇あって〈一心〉の名は首(または腕ともいう)に〈一心白道〉の4字を入墨したところから呼ばれたとされる。実録本《大久保武蔵鐙(あぶみ)》によって大久保政談にからんで登場,浅草茅町の穀商松前屋五郎兵衛の無実をはらす役割を果たした。1855年(安政2)7月江戸中村座初演の《名高手毬諷(なにたかしまりうた)実録》(3世桜田治助作)で4世市川小団次が太助ほか5役を演じ好評。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いっしんたすけ【一心太助】

小説・戯曲・講談中の人物。江戸っ子の典型的人物。魚屋を営み、義理人情にあつく、大久保彦左衛門の家来株として活躍する。歌舞伎では、河竹黙阿弥作「芽出柳翠緑松前めだしやなぎみどりのまつまえ」に登場。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一心太助
いっしんたすけ

生没年不詳。『大久保実記武蔵鐙(むさしあぶみ)』の「松前屋五郎兵衛之伝記」に登場する魚屋。同書によると、もと大久保彦左衛門(ひこざえもん)(忠教(ただたか))の草履取(ぞうりとり)で、のち江戸・両国あたりで魚の行商を営み、彦左衛門にその侠気(きょうき)を愛された。松前屋、実は津軽藩家老の悴(せがれ)松前帯刀(たてわき)の一件にかかわり彦左衛門を助けて、その無実を明らかにしたとしている。一心の名は、人を救うためにわが一心をもって臨み、果たさぬことがなかったため、その侠気を賞してよぶようになったという。講談などに取り上げられて人気者となった。架空の人物か。[比留間尚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一心太助の関連キーワード萬屋 錦之介手続き・手続大友 柳太朗倉田みゆき萬屋錦之介浜菜みやこ榎本 健一山口馬木也牧野省三式亭三馬義理人情沢島正継才木清英大竹竜二須藤公一星 十郎真夏竜佐伯清稲垣浩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一心太助の関連情報