大久保彦左衛門(読み)おおくぼひこざえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大久保彦左衛門
おおくぼひこざえもん

[生]永禄3(1560).小田原
[没]寛永16(1639).2.1. 江戸
江戸時代初期の旗本。忠員の8男に生れ,初め忠雄,のち忠教 (ただたか) ,字は平助。天正4 (1576) 年 16歳の初陣に戦功をあげ旗本に列せられ,以来徳川家康に仕えて功績があった。大名になることを固辞し,「天下の御意見番」として家康の諮問にこたえたという。のち,秀忠,家光に仕え,戦国時代生残りの勇士として旗本のなかに重きをなした。その著『三河物語』 (3巻,1622) はいわゆる三河武士の精神を典型的に示したもの。禄高は三河額田郡に 2000石。邸跡が東京都千代田区神田駿河台にある。 (→一心太助 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大久保彦左衛門【おおくぼひこざえもん】

江戸初期の旗本。名は忠雄,のち忠教(ただたか)。1576年初陣以来軍功多く,徳川家康・秀忠・家光3代に仕え,戦国の勇士として旗本間に重きをなす。著《三河物語》は主君に対する自家の功績を晦渋(かいじゅう)な文筆で懐旧する。気骨のある言動で知られ,のちに《三河物語》を種本として各種実録本が編まれる。そのなかの一つ《大久保武蔵鐙(あぶみ)》で,弱者を救い,将軍・大名に苦言を呈する〈天下の御意見番〉の人物像が作られた。→一心太助

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保彦左衛門 おおくぼ-ひこざえもん

1560-1639 織豊-江戸時代前期の武士。
永禄(えいろく)3年生まれ。大久保忠員(ただかず)の8男。徳川家康のもとでおおくの合戦にしたがう。徳川秀忠,家光の3代につかえ,戦国生き残りの勇士として旗本中で重きをなした。反骨と奇行で知られ,講談では「天下の御意見番」としてしたしまれた。寛永16年2月1日死去。80歳。三河(愛知県)出身。名は忠雄,忠教(ただたか)。通称は別に平助。著作に「三河物語」。
【格言など】御知行下されずとても,御主様に御不足に思い申すな。過去の定業なり(「三河物語」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおくぼひこざえもん【大久保彦左衛門】

1560‐1639(永禄3‐寛永16)
江戸初期の旗本。通称平助,のち彦左衛門。初名忠雄のち忠教(ただたか)。16歳のとき徳川家康に仕え,諸合戦では長兄忠世に属し奮戦した。彦左衛門は終始,忠世・忠隣(ただちか)父子に従属し,一個の軍団を率いる部将ではなかった。関東入部後,忠隣の所領武蔵国埼玉郡2000石を知行。彦左衛門の人物については次の2例を示す。兄忠佐が無嗣のため沼津城2万石を彦左衛門に継がせようとしたところ,自身の軍功で得た領知でないからと辞退したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおくぼひこざえもん【大久保彦左衛門】

1560~1639) 江戸初期の幕臣。名は忠教ただたか。家康・秀忠・家光の三代に仕える。著「三河物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大久保彦左衛門の言及

【三河物語】より

…江戸幕府の旗本大久保彦左衛門忠教が子孫に書き残した自伝。上中下の3巻から成る。…

※「大久保彦左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android