后がね(読み)キサキガネ

デジタル大辞泉の解説

きさき‐がね【后がね】

《「がね」は接尾語》将来、后になるはずの人。后の候補者。
「かういふ幸ひ人の腹の―こそまた追ひすがひぬれ」〈・少女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きさきがね【后がね】

〔「がね」は接尾語〕
将来后となるべき人。后の候補者。 「幸ひ人の腹の-こそ/源氏 乙女

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きさき‐がね【后がね】

〘名〙 (「がね」は接尾語) 将来皇后に予定されている方。后の候補者。きさいがね。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「今日明日、女御后がねなどの、対に住み給はんには」
源氏(1001‐14頃)常夏「太政(おほき)おとどの、きさきかねのひめ君ならはし給ふなる教へは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android