コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常夏 トコナツ

2件 の用語解説(常夏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とこ‐なつ【常夏】


一年中が夏であること。常に夏のような気候であること。「常夏の国」
セキチクの変種。多くの品種があり、花は濃紅色のほか、白色や絞りなど。名は、春から秋にかけて咲きつづけることに由来。 夏》「―に水浅々と流れけり/青々
襲(かさね)の色目の名。「なでしこ」に同じ。
《夏から秋にかけて咲くところから》ナデシコの古名。
「―の花をだに見ばことなしに過す月日も短かかりなむ」〈後撰・夏〉
源氏物語第26巻の巻名。光源氏、36歳。源氏は玉鬘(たまかずら)に心をひかれ、内大臣は近江君(おうみのきみ)を探し出す。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とこなつ【常夏】

一年中いつも夏のような気候であること。 「 -の島ハワイ」
セキチクの園芸変種。全体に小形。花は晩春から秋にかけて咲き一重または八重で、花色は赤・白・桃・絞りなど。 [季] 夏。
ナデシコ(カワラナデシコ)の古名。
かさねの色目の名。なでしこ。
家紋の一。なでしこを図案化したもの。なでしこ。
源氏物語の巻名。第二六帖。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常夏の関連情報