常夏(読み)とこなつ

精選版 日本国語大辞典「常夏」の解説

とこ‐なつ【常夏】

[1] 〘名〙
① いつも夏であること。いつも夏のように暑いこと。〔文明本節用集(室町中)〕
※小説平家(1965‐67)〈花田清輝〉二「仏教が、インドのような常夏の国の産物である以上」
植物なでしこ(撫子)」の古名。《季・夏》
※古今(905‐914)夏・一六七「ちりをだにすへじとぞ思ふさきしよりいもとわがぬるとこ夏の花〈凡河内躬恒〉」
セキチクの園芸品種。茎は丈が低く下部は地表をはう。花は四季咲きで濃紅色であるが、品種によって赤、純白または絞りなど花色は変化に富む。観賞用に鉢植えにされる。
※私の浅草(1976)〈沢村貞子〉お富士さま「赤い可愛い花をつけた常夏、紫の桔梗」
④ 襲(かさね)の色目の名。なでしこがさね。なでしこ。
※栄花(1028‐92頃)歌合「とこなつのいだしうちぎ、ふたあゐのなほし」
⑤ 紋所の名。なでしこの花を図案化したもの。
[2] 「源氏物語」第二六帖の巻名。源氏三六歳の夏。玉鬘への思いがつのる一方の源氏が、玉鬘の結婚問題で悩むことを中心に、内大臣が引きとった近江君の話を配する。玉鬘十帖の第五。
[語誌](1)(一)②は、「顕注密勘‐四」に「にほひ久しければ常夏といへり」、「八雲御抄‐三」に「とこ夏は四時花とかけり。夏秋は歌によむ。春冬いまだよまず」とあるように、長く咲き続ける花であることによる。
(2)歌では、その名から夏の景物として詠まれ、「床」との関連で、恋のイメージを持ち、挙例の「古今集」歌のように「塵」や「寝る」を詠み込むことが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「常夏」の解説

とこ‐なつ【常夏】


一年中が夏であること。常に夏のような気候であること。「常夏の国」
セキチク変種。多くの品種があり、花は濃紅色のほか、白色や絞りなど。名は、春から秋にかけて咲きつづけることに由来。 夏》「―に水浅々と流れけり/青々
かさねの色目の名。「なでしこ」に同じ。
《夏から秋にかけて咲くところから》ナデシコの古名。
「―の花をだに見ばことなしに過す月日もかかりなむ」〈後撰・夏〉
源氏物語第26巻の巻名。光源氏、36歳。源氏は玉鬘たまかずらに心をひかれ、内大臣は近江君おうみのきみを探し出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「常夏」の解説

常夏 (トコナツ)

学名Dianthus chinensis var.semperflorens
植物。ナデシコ科の園芸植物

常夏 (トコナツ)

植物。ニシキギ科の常緑小高木,園芸植物,薬用植物。マサキの別称

常夏 (トコナツ)

植物。ナデシコ科の園芸植物。タツタナデシコの別称

常夏 (トコナツ)

植物。ツツジ科のクルメツツジの園芸品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android