コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常夏 トコナツ

2件 の用語解説(常夏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とこ‐なつ【常夏】


一年中が夏であること。常に夏のような気候であること。「常夏の国」
セキチクの変種。多くの品種があり、花は濃紅色のほか、白色や絞りなど。名は、春から秋にかけて咲きつづけることに由来。 夏》「―に水浅々と流れけり/青々
襲(かさね)の色目の名。「なでしこ」に同じ。
《夏から秋にかけて咲くところから》ナデシコの古名。
「―の花をだに見ばことなしに過す月日も短かかりなむ」〈後撰・夏〉
源氏物語第26巻の巻名。光源氏、36歳。源氏は玉鬘(たまかずら)に心をひかれ、内大臣は近江君(おうみのきみ)を探し出す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とこなつ【常夏】

一年中いつも夏のような気候であること。 「 -の島ハワイ」
セキチクの園芸変種。全体に小形。花は晩春から秋にかけて咲き一重または八重で、花色は赤・白・桃・絞りなど。 [季] 夏。
ナデシコ(カワラナデシコ)の古名。
かさねの色目の名。なでしこ。
家紋の一。なでしこを図案化したもの。なでしこ。
源氏物語の巻名。第二六帖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常夏の関連キーワード歳事至精常緑大乱胆斗の如し常春綿のように疲れる三百六十五日矢のようトマトの栄養価は夏がピーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常夏の関連情報