コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐故納新 とこのうしんtǔ gù nà xīn

世界大百科事典 第2版の解説

とこのうしん【吐故納新 tǔ gù nà xīn】

中国の道教における修行法の一つ。また吐納ともいう。体内の古い気を吐き,体外の新しい気を取り入れる呼吸法のことである。すでに《荘子》の刻意篇に養生の方法として,この吐故納新の術を行うもののあったことが語られ,くだって魏・晋に及んで,嵆康(けいこう)の《養生論》でも呼吸吐納のことが説かれている。また,葛洪(かつこう)の《抱朴子》では,気をめぐらす際には,生気のときにすべきで,死気のときに行ってはならぬと説き,後世に継承された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

吐故納新の関連キーワード仙術

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android