吐故納新(読み)とこのうしん(英語表記)tǔ gù nà xīn

世界大百科事典 第2版の解説

とこのうしん【吐故納新 tǔ gù nà xīn】

中国の道教における修行法の一つ。また吐納ともいう。体内の古い気を吐き,体外の新しい気を取り入れる呼吸法のことである。すでに《荘子》の刻意篇に養生の方法として,この吐故納新の術を行うもののあったことが語られ,くだってに及んで,嵆康(けいこう)の《養生論》でも呼吸吐納のことが説かれている。また,葛洪(かつこう)の《抱朴子》では,気をめぐらす際には,生気のときにすべきで,死気のときに行ってはならぬと説き,後世に継承された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android