コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂山 スナヤマ

デジタル大辞泉の解説

すな‐やま【砂山】

砂が小高くなった所。砂丘

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すなやま【砂山】

砂が積もってできた山。砂丘。

すなやま【砂山】

日本歌曲。北原白秋の詩に中山晋平が作曲。1922年(大正11)に発表。「海は荒海、向こうは佐渡よ…」
日本歌曲。と同じ詩に山田耕筰が1926年(大正15)に作曲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

砂山の関連キーワードコント55号水前寺清子の大勝負ツァイダム(柴達木)油田高橋 竹山(1代目)小説 津軽の像記念館高橋 竹山(初代)浜松ホトニクス常陸太田(市)サンドボード中村 正爾中山 晋平加倉井英蔵加倉井久雍富士ハウス遠鉄百貨店加倉井久壮天女の里佐竹秀義宮古島市岡田十松三国山脈

砂山の関連情報