生気(読み)しょうげ

精選版 日本国語大辞典「生気」の解説

しょう‐げ シャウ‥【生気】

〘名〙 (「しょう」「け」はそれぞれ「生」「気」の呉音)
正月は子、二月はというように、各月ごとにその方角に存在すると考えられた、気を生じるはたらき。治療を受けるときや、服薬のときにそれがある方角(生気方)を向くとよいとされた。せいき。
※医心方(984)二「又云推月生気法。正月在子 死気在午 二月在丑 死気未〈〉右、向生気所在、可服薬。莫向死気」
八卦(はっけいみ)方の一つ。遊年(ゆねん)(か)の、上段陰陽を変えたもの。たとえば、遊年が離なら生気は
※陰陽雑書(平安末)三一「生気伐木可忌。養者奴婢立舎大吉
※公衡公記‐昭訓門院御産愚記・乾元二年(1303)五月九日「女院着御吉方御衣 御生気方色青也」 〔五行大義‐五・二三・二・論人遊年年立〕
③ 北斗七星の一つで、福星の貪狼星をいう。この星にめぐりあうときは吉とされる。〔欽定協紀弁方書‐二・本原二・小遊年変卦〕
④ 九星占いでいう、生まれ年の九星五行に、相生してくる九星五行のある方位。大吉の方角。たとえば、八白土星の人は九紫火星。

せい‐き【生気】

〘名〙
① 万物を生長発育させる自然の気。また、いきいきした勢い。若々しく充実した気力。活気。しょうき。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)七「強陽気は生気也」
※授業編(1783)一「生気(セイキ)さかんならでは胎をなすこと能はず」 〔礼記‐月令〕

しょう‐き シャウ‥【生気】

〘名〙 =せいき(生気)
延喜式(927)四〇「新嘗会白黒二酒科〈略〉熟後以久佐木炭三升〈採御生気方木〉和合一甕
※米沢本沙石集(1283)一「産屋は生気(シャウキ)と申て五十日忌む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生気」の解説

しょう‐げ〔シヤウ‐〕【生気】

陰陽道おんようどうでいう吉の方角。正月をとして十二支順次に12か月に配当し、これを八卦はっけの方位に当てて、その人のその年の吉凶を定める。生気のかた
生気の色」の略。

せい‐き【生気】

いきいきとした感じ。活気。「生気のない顔」「生気がよみがえる」
万物を育てる自然の力。
[類語]活気元気血気景気精気神気鋭気壮気覇気威勢活力精力気力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生気の言及

【気】より

…そのコースを〈地脈〉という。風水説では,この地脈を〈竜〉とよび,そのなかでも生気のわだかまる所を特に〈穴〉とよび,そこに墓を営むと生気が死者の肉体を媒介にして子孫に感応し,その家は栄えるという。このように大地は,気というエネルギーに充たされた,一個の巨大な生命体と考えられていたのである。…

※「生気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android