コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

君子の九思 クンシノキュウシ

デジタル大辞泉の解説

君子(くんし)の九思(きゅうし)

《「論語」季氏から》君子として常に心掛けるべき九つのこと。見るときははっきり見る、聞くときはしっかりと聞く、顔つきはおだやかに、態度はうやうやしく、言葉は誠実で、仕事には慎重、問は質(ただ)し、怒りにはあとの面倒を思い、利益を前にしては道義を思う、の九つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くんしのきゅうし【君子の九思】

〔論語 季氏
君子が常に心がけるべき九つの事柄。視は明を、聴は聡そうを、色は温を、貌かたちは恭を、言は忠を、事は敬を、疑は問を、忿いかりは難を思い、得るを見ては義を思うこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

君子の九思の関連キーワード事柄

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android