コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道義 ドウギ

デジタル大辞泉の解説

どう‐ぎ〔ダウ‐〕【道義】

人のふみ行うべき正しい道。道理。「道義にもとる行為」「道義的責任」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道義 どうぎ

833-905 平安時代前期-中期の僧。
天長10年生まれ。道雄(どうおう),平仁(ひょうにん)に華厳(けごん)と真言をまなぶ。昌泰(しょうたい)元年東大寺別当。2年宇多上皇受戒の際に戒師をつとめる。佐伯氏の氏寺である香積寺を東大寺南大門の東にうつして東南院と称し,聖宝(しょうぼう)をまねいて開基とした。延喜(えんぎ)5年死去。73歳。俗姓は佐伯。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうぎ【道義】

人としてふみ行うべき道。道徳。道理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

道義の関連キーワードプログラム規定日月地に墜ちず道義的責任法的責任生知安行虞美人草不正行為破廉恥罪刑事罰道義心殉道者戦陣訓道義的道徳末世精粋七教狂悖弁知順義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道義の関連情報