コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹田荘 すいたのしょう

百科事典マイペディアの解説

吹田荘【すいたのしょう】

吹田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいたのしょう【吹田荘】

摂津国島下郡(現,吹田市南部)の荘園。淳和天皇の皇子基貞親王が,吹田付近の賜田63町余を立券して865年(貞観7)に醍醐寺末の清住寺に寄進し,清住寺領吹田東西荘が成立した。荘民から米,粽,餅,藁,雑菓子や海水運搬役などを収取した。しかし鎌倉期には衰退し,代わって西園寺家領や興福寺領が成立した。勝尾寺も恒久名や田所職を入手したが,1266年(文永3)に興福寺領に併呑された。西園寺家は,公経のとき吹田西荘を領有し,吹田殿を設けて遊行地としたが,南北朝期以降は明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報