コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹田荘 すいたのしょう

2件 の用語解説(吹田荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吹田荘【すいたのしょう】

吹田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいたのしょう【吹田荘】

摂津国島下郡(現,吹田市南部)の荘園。淳和天皇の皇子基貞親王が,吹田付近の賜田63町余を立券して865年(貞観7)に醍醐寺末の清住寺に寄進し,清住寺領吹田東西荘が成立した。荘民から米,粽,餅,藁,雑菓子や海水運搬役などを収取した。しかし鎌倉期には衰退し,代わって西園寺家領や興福寺領が成立した。勝尾寺も恒久名や田所職を入手したが,1266年(文永3)に興福寺領に併呑された。西園寺家は,公経のとき吹田西荘を領有し,吹田殿を設けて遊行地としたが,南北朝期以降は明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吹田荘の関連キーワード官省符荘吹田市出作吹田堂島下駄服部タバコ八十島下り三澄紀州造林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone