コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂夷簡 りょいかんLǚ Yí jiǎn

世界大百科事典 第2版の解説

りょいかん【呂夷簡 Lǚ Yí jiǎn】

979‐1044
中国,北宋の政治家。字は担父,諡(おくりな)は文靖。寿州(安徽省寿県)の人。咸平3年(1000)の進士。以後地方官を歴任し行政能力を発揮した。仁宗の即位で参知政事,1029年(天聖7)同平章事(宰相)を拝し,皇后郭氏の廃后問題で范仲淹ら若手官僚と対立して慶暦の党議をひきおこして,37年(景祐4)退任。40年(康定1)再び宰相になった。仁宗の信頼を得て,実務家肌の宰相として10年以上も仁宗を補佐した功績は高く評価された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

呂夷簡の関連キーワード宋の時代(年表)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android