コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参知政事 さんちせいじcan-zhi zheng-shi; ts`an-chih chêng-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参知政事
さんちせいじ
can-zhi zheng-shi; ts`an-chih chêng-shih

中国の官名。唐代に,宰相をさすことがあったが,宋の初めになると副宰相を呼ぶようになり,数名がおかれた。一時廃止されたが,南宋で復活した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんちせいじ【参知政事 Cān zhī zhèng shì】

中国の官名。北宋太祖は,宰相(同平章事)趙普が1人で強大な権限を掌握することをおそれ,964年(乾徳2)薛居正(せつきよせい)と呂余慶とを副宰相として参知政事に任命した。これが参知政事のはじまりで,宰相より低い格に付けられ,執政と称された。神宗(1068‐85)の官制改革で中書侍郎・門下侍郎に改められたが,南宋で参知政事の名にもどり,元代にも置かれた。職務は宰相と交替して決裁に当たり,百官への号令も行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんちせいじ【参知政事】

中国の官名。宋初、宰相の権限を弱めるために置かれた高官。副宰相。執政。明初まで存在。元以降、その性格を異にする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

参知政事の関連キーワード同中書門下平章事宋の時代(年表)張即之范成大蘇舜欽文彦博李奎報趙匡胤王安石真徳秀賈似道欧陽修范仲淹三司使呂夷簡王欽若陳与義呂恵卿胡惟庸高官

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android