コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂祖 りょそLü-zu

2件 の用語解説(呂祖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂祖
りょそ
Lü-zu

中国,唐代の伝説的人物呂嵒 (がん) の別称。字は洞賓。号は純陽子。貞観 20 (646) 年の生れと伝えられるが,黄巣の乱ののち,行方不明となりながら,宋,元,明の各王朝に現れたというところから,八仙の一人として尊崇され,各地に廟が建てられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の呂祖の言及

【呂洞賓】より

…名は嵓(巌),号は純陽子,回道人。また呂祖,孚佑帝君(ふゆうていくん)などと呼ばれる。近世の代表的な仙人の一人として,宋以後広く民間の信仰を集め,製墨業者の祖神とされるが,その実在性に関しては多くの疑問が存在する。…

※「呂祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone