宗祖(読み)シュウソ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐そ【宗祖】

〘名〙
一宗・一派を開いた人。開祖。祖師。
※随筆・塩尻(1698‐1733頃)二五「或問東都にて遠島せられし富士門徒は、如記なる僧宗祖となるや」

そう‐そ【宗祖】

〘名〙
① 先祖。祖先。しゅうそ。
※皇字沙汰文(1296‐97)下「皇御孫者、百王宗祖、豊葦原主、而降臨本朝、座于当宮
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「王室は宗祖遺伝の策を誤らずして次第に封建世祿の権を制し」 〔韓詩外伝‐六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宗祖の言及

【教祖】より

…宗教や宗派の創始者。開祖,宗祖などともいう。大宗教では仏教の仏陀,キリスト教のイエス・キリスト,イスラムのムハンマド(マホメット)などがあげられるが,分裂によって枝分れした小宗派の指導者をいう場合もある。…

【祖師】より

…日本の仏教では,釈迦は釈迦三尊像などであらわされるように大乗仏教の仏として説かれ,仏教の開祖としての釈迦について教えられることは少なかった。また,仏教が長期にわたって断続的に伝えられたために,宗派性が強調されることが多く,釈迦よりも宗祖や日本仏教の開祖としての聖徳太子が賛仰の対象になることが多かった。さらに,多彩な仏教を統一的に理解することは容易ではなかったから,新しい教説を立てたり,仏教を日本人にわかりやすく説いた宗派の開祖が,信仰の対象として重んぜられる傾向が強かった。…

※「宗祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗祖の関連情報