コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗祖 シュウソ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐そ【宗祖】

一つの宗教・宗派を興した人。開祖。祖師。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうそ【宗祖】

一宗の創始者。開祖。祖師。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宗祖の言及

【教祖】より

…宗教や宗派の創始者。開祖,宗祖などともいう。大宗教では仏教の仏陀,キリスト教のイエス・キリスト,イスラムのムハンマド(マホメット)などがあげられるが,分裂によって枝分れした小宗派の指導者をいう場合もある。…

【祖師】より

…日本の仏教では,釈迦は釈迦三尊像などであらわされるように大乗仏教の仏として説かれ,仏教の開祖としての釈迦について教えられることは少なかった。また,仏教が長期にわたって断続的に伝えられたために,宗派性が強調されることが多く,釈迦よりも宗祖や日本仏教の開祖としての聖徳太子が賛仰の対象になることが多かった。さらに,多彩な仏教を統一的に理解することは容易ではなかったから,新しい教説を立てたり,仏教を日本人にわかりやすく説いた宗派の開祖が,信仰の対象として重んぜられる傾向が強かった。…

※「宗祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗祖の関連情報