コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武宗 ぶそう

大辞林 第三版の解説

ぶそう【武宗】

814~846) 中国、唐の第一五代皇帝(在位840~846)。道教を信仰し、845年、廃仏を断行。 → 三武一宗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶそう【武宗 Wǔ zōng】

814‐846
中国,の第15代皇帝。在位840‐846年。穆宗の第五子,母は宣懿(せんい)皇后韋氏。兄文宗の柩前で宦官魚弘志・仇士良らに擁立された。即位すると朋党の争いに敗れ鄭滑節度使となっていた李徳裕を宰相に迎え,藩鎮勢力を抑えるとともに北辺ではウイグルを討つなど治績をあげた。円仁の《入唐求法(につとうぐほう)巡礼行記》が語るとおり845年(会昌5),最大規模の廃仏を行い20余万人を還俗させたが(三武一宗の法難),翌年薬中毒により倒れ,宣宗が即位して仏教は再興された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武宗
ぶそう
(814―846)

中国、唐の第15代皇帝(在位840~846)。姓は李(り)、名は炎。穆宗(ぼくそう)の第5子で、文宗の弟。母は宣懿(せんい)皇后韋(い)氏。821年潁王(えいおう)に封ぜられ、840年文宗の死後、宦官(かんがん)の魚弘志、仇(きゅう)士良によって擁立された。中央より退けられていた李徳裕(りとくゆう)が宰相に復活し、政治の実権を握った。廻鶻(かいこつ)(ウイグル)の内部分裂に乗じて積極策に転じ、廻鶻可汗(かかん)に嫁していた太和公主を帰還させることができた。帝は道士の趙帰真(ちょうきしん)を重用して、845年大規模な廃仏を断行し、少数の寺院を残したほか、4600寺を壊し、僧尼26万余人を還俗(げんぞく)させた。帝は金丹(きんたん)を飲んで中毒にかかって死去した。[布目潮

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武宗の関連キーワードバヤン(中国、元朝末の宰相)エル・テムル(燕鉄木児)マジャルタイ(馬札児台)ハラハスン(哈剌哈孫)ブルハン(不児罕)皇后アシャブハ(阿沙不花)テムデル(鉄木迭児)アフタイ(阿忽台)入唐求法巡礼行記小幡七郎左衛門エルテムル仁宗[元]明宗[元]文宗[元]明十三陵徳山宣鑑三武一宗半井明親大仏光寺了庵桂悟

武宗の関連情報