コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉介 ごすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉介 ごすけ

?-? 江戸時代後期の陶工。
3代尾形乾山(けんざん)を自称し,京都で陶器をやく。天保(てんぽう)2年(1831)乾山百回忌追善として鳴滝の乾山窯址の土で香合をつくり,知人にくばった。実際の百回忌は11年後であったため,売名行為であったとされる。姓は宮田。号は蔵六堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

呉介の関連キーワード陶工

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android