コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香合 こうあわせ

7件 の用語解説(香合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香合
こうあわせ

たかれた香木の香を聞き,その香銘を当て,匂いの優劣を判定し合う遊戯。文亀1 (1501) 年5月 29日,主人の志野宗信のもとに牡丹花肖柏ほか8名の客が集って,歌合 (うたあわせ) の方式で 10種の香を嗅ぎ分けた「名香合」が特に著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

香合
こうごう

香を入れるためのふたつきの小型の器。香盒とも書き香箱ともいう。おもに香道,茶の湯で用いる。漆器,陶磁器,金属器のほか,貝,象牙,果実の核などで作られたものもある。陶製で型にはめて作った型物香合が特に愛好される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

香合【こうあわせ】

をたいて,においの深浅,優劣を評し,勝負を定める遊戯。平安時代から行われ,薫物合(たきものあわせ)ともいわれた。→香道

香合【こうごう】

を入れておく蓋(ふた)付きの器。漆器,陶磁器,金属,貝等で作り,茶人の間で愛用された。特に中国製の交趾(こうち)焼や呉須(ごす),青磁等の型物香合や,日本製では志野焼織部陶乾山などのものが珍重された。
→関連項目合子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうあわせ【香合】

出香した両者の香の優劣を競う香会をいう。平安時代,薫物(たきもの)(練香)の流行にともない,薫物を競い合う薫物合が催されたが,鎌倉時代以後は一木の沈香木で興行された。歌合,根合,菊合,草紙合,絵合などと同じく合せものである。室町末に三条西実隆志野宗信らが催した名香合の記録《五月雨之記》に〈香あはせのうちにもたきものあはせ……〉とあるように,薫物でも沈香でも香合は催されたのであって,組香による香道の先駆となった。

こうごう【香合】

香を入れる蓋付きの器。献香,聞香,茶の湯の三つの場合に分けられるが,本来香炉に添っていたものである。香合のもっとも早い例は正倉院に伝来する塔鋺といわれ,その後中国製の堆朱,存星など漆物を中心に大小の合子(ごうす)が使われている。日本の漆物としては鎌倉彫や蒔絵がある。茶の湯の香合の場合は,大別すると漆物と陶磁器で,ほかに木地物,金属,貝などが用いられ,献香用,聞香用に比べると種類が多く,造形的にも変化にとんでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香合の関連情報