コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周官新義 しゅうかんしんぎZhou-guan xin-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周官新義
しゅうかんしんぎ
Zhou-guan xin-yi

中国,北宋の革新的政治家王安石の著。 16巻。煕寧8 (1075) 年成立。字義,制度の解説を主とする従来の学風を打破して,中国行政制度に関する古典『周官』に実用的な理論で新しい解釈を加えたもの。同調者に『詩新義』『書新義』を著作させて,これらを官吏採用試験の教科書にしたので,大きな衝撃を与え,また後世悪書と評されたが,宋代の新学風を興すのに寄与している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android