コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周耕 しゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周耕 しゅうこう

?-? 室町-戦国時代の画僧。
大和(奈良県)の多武峰(とうのみね)にすむ。雪舟等楊(せっしゅう-とうよう)に画をまなび,明応2年(1493)のころ秋月等観(しゅうげつ-とうかん)とともに明(みん)(中国)にわたる。水墨の山水・人物画にひいで,鍾馗(しょうき)をこのんでえがいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

周耕の関連キーワード戦国時代等梅画僧