コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼子鳥 ヨブコドリ

1件 の用語解説(呼子鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よぶこ‐どり【呼子鳥】

《鳴き声が人を呼ぶように聞こえるところから》古今伝授三鳥の一。カッコウといわれるが、ほかにウグイスホトトギスツツドリなどの説がある。 春》「松の木と名は知りながら―/鬼貫

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の呼子鳥の言及

【山彦】より

… 山彦の現象は,自然現象ではなく,山谷に人以外の者がいてそれが人の声をまねしているのだと考えられていた。茨城では〈あまのじゃく(天邪鬼)〉がまねをするのだといい,静岡では〈山の小僧〉,鳥取では呼子(よぶこ)とか呼子鳥(よぶこどり)というものが声を発しているのだと伝えている。あまのじゃくは人に逆らい,神に反抗する存在であるが,山中にあって人の口まねをするものもこう呼んだのである。…

※「呼子鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呼子鳥の関連情報