コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上島鬼貫 うえじま おにつら

9件 の用語解説(上島鬼貫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

上島鬼貫

江戸中期の俳人。名は宗邇、通称は与惣兵衛門・利左衛門、別名を槿花翁・仏兄。幼児より俳句に親しみ、西山宗因の席に列なる。のち、世風の俳諧を脱却し「まことの外に俳諧なし」の悟りを得た。作為のない自然で素朴な俳風といわれる。元文3年(1738)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うえじま‐おにつら〔うへじま‐〕【上島鬼貫】

[1661~1738]江戸中期の俳人。摂津国伊丹の人。名は宗邇(むねちか)。通称、与惣兵衛。別号、仏兄(さとえ)・槿花翁(きんかおう)など。伊丹派の中堅として活躍。俳論「独(ひとり)ごと」、句文集「仏兄七久留万(さとえななくるま)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上島鬼貫【うえじまおにつら】

鬼貫

上島鬼貫【かみじまおにつら】

鬼貫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上島鬼貫 うえじま-おにつら

1661-1738 江戸時代前期-中期の俳人。
万治(まんじ)4年4月4日生まれ。松江重頼,ついで西山宗因にまなぶ。禅の影響をうけた素朴な俳風を特色とした。小西来山のほか,蕉門の各務(かがみ)支考,広瀬惟然らとも交わりがあった。元文3年8月2日死去。78歳。摂津伊丹(兵庫県)出身。名は宗邇。別号に囉々哩,犬居士,槿花翁。著作に「ひとりごと」「大悟物狂」「仏兄(さとえ)七久留万」など。
【格言など】句を作るにすがた詞(ことば)をのみ工(たく)みにすればまことすくなし(「ひとりごと」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うえじまおにつら【上島鬼貫】

〔姓は「かみじま」とも〕 (1661~1738) 江戸中期の俳人。伊丹の人。晩年、平泉と改姓。名、宗邇むねちか。別号を仏兄さとえ・槿花翁など。松江重頼門や談林派を経て伊丹風、のち「まことの外に俳諧なし」と大悟する。句風は洒脱で率直。著「犬居士」「独言ひとりごと」「仏の兄」など。

かみじまおにつら【上島鬼貫】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上島鬼貫
うえじまおにつら

[生]寛文1(1661).摂津,伊丹
[没]元文3(1738).8.2. 大坂
江戸時代中期の俳人。名,宗邇 (むねちか) 。通称,与惣兵衛。別号,点也,犬居士,仏兄 (さとえ) ,槿花 (きんか) 翁など。晩年平泉氏を称す。伊丹の酒造家油屋の一族宗春の子。酒の町伊丹は文芸,風流が盛んで,鬼貫も8歳で「来い来いといへど蛍が飛んで行く」と詠んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上島鬼貫
うえじまおにつら

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上島鬼貫の言及

【鬼貫】より

…江戸前期の俳人。姓は上島(本姓藤原,晩年は平泉),幼名竹松,長じて利左衛門宗邇(むねちか)。通称は与惣兵衛。囉々哩(ららり)・馬楽童・槿花翁などの別号がある。伊丹の酒造家油屋の上島宗春の三男。少年のころから俳諧を好み,維舟・宗旦・季吟・宗因らに批評を請い,会席に列して指導を受けた。初入集は1676年(延宝4)の維舟撰《武蔵野》。翌々年《当流籠抜(とうりゆうかごぬけ)》に伊丹派の五吟五百韻を発表し,古風俳人から〈狂乱体〉と難ぜられた。…

※「上島鬼貫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上島鬼貫の関連キーワード定道県外見飯田東渓斎部伊紀兼門国次(2)(3代)香田正宣河野安山古市南軒望月雷山

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上島鬼貫の関連情報