コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今伝授 こきんでんじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今伝授
こきんでんじゅ

歌学用語。「古今伝受」とも書く。『古今和歌集』の解釈上の問題点を,師匠から弟子へ教授し,伝えていくこと。「三木三鳥」などと呼ばれる,同集所見の植物や鳥についての解釈を秘説として,これを短冊形の切り紙に書き,秘伝として特定の弟子に授ける,いわゆる切り紙伝授が特に有名。しかし,本来は同集全体についての講義を行い,証本を授与することもあったらしい。その萌芽は,藤原俊成藤原基俊に入門し,『古今集』について教えを受けたことにある。俊成は息子の定家にこれを伝え,定家は『僻案抄』ほかを著わして,若干の弟子に教えている。伝授の形式は,基俊,俊成,定家以来の教えを伝えていると称する東常縁 (とうつねより) が,宗祇に伝授したときから整えられた。宗祇以後,御所伝授 (宗祇-三条西実隆細川幽斎智仁親王-後水尾院) ,堺伝授 (宗祇-肖柏-宗伯) ,奈良伝授 (肖柏-林宗二) などの各流が派生した。本来は純然たる古典研究であったが,中世神秘思想の影響を受けて,室町時代以降,空疎な内容,末梢的な事柄を秘事として尊信する形式主義に流れ,近世の国学者の批判を受けた。しかし文化史的意義は見逃せない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こきんでんじゅ【古今伝授】

歌道伝授の一。中世、古今集の語句の訓詁注釈を師から弟子に伝え授けたこと。三木・三鳥・三草などはその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古今伝授
こきんでんじゅ

歌学用語。『古今和歌集』の解釈を中心に、歌学およびそれに関連する諸説を、口伝(くでん)、切紙(きりかみ)、抄物(しょうもつ)によって、秘伝として師から弟子へと伝えること。広義には、中世前期から行われた歌道の伝授をも含めていうが、狭義には、室町中期以降の伝授形式が定まって、二条宗祇(そうぎ)流、二条堯恵(ぎょうえ)流が成立してからをいう。
 平安末期から、歌の解釈や詠歌法、歌会の方式などをめぐって、歌人たちがそれぞれに伝承、家説を誇示するようになった。鎌倉時代になると御子左(みこひだり)家の覇権が確立したが、やがてその嫡流たる二条家の流れと、庶流の京極(きょうごく)家、冷泉(れいぜい)家を含む反二条家の流れとに分かれ、勅撰(ちょくせん)和歌集の編集権なども絡んで歌道伝授も多様な様相をみせるようになる。南北朝時代に二条家が断絶するが、その流れをくむ二条流が歌道の主流であり続け、室町中期には、歌学を神道、仏教によって基礎づけるとともに、その伝授形式を確立した二条宗祇流、二条堯恵流により、古今伝授が成立した。宗祇流では卜部神道(うらべしんとう)との結び付きがみられ、堯恵流では天台教理との結び付きが顕著である。
 宗祇流は、近衛(このえ)家、三条西家などに伝えられ、三条西家から細川幽斎、智仁(としひと)親王を経て後水尾(ごみずのお)天皇、さらに歴代天皇、上層公家(くげ)に伝えられて、御所伝授として確立し、近世を通じて権威を保った。この派からは早く宗祇から伝受した肖柏(しょうはく)を通じて町衆に流布した堺(さかい)伝授が派生し、また、近世では、幽斎から伝受した貞徳(ていとく)などを通じて武家、町人層に流れて地下(じげ)伝授を派生し、町人文化の形成に寄与する。近衛家に伝わった流れは、近世初期に断絶した。堯恵流は、後柏原(ごかしわばら)天皇や青蓮院(しょうれんいん)に伝えられたが、よい後継者を得られず、中世末期に断絶した。
 古今伝授は、思想史や花道、茶道、書道などの文化総体のなかに位置づけた評価を必要とするものである。[新井栄蔵]
『横井金男著『古今伝授の史的研究』(1980・臨川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

古今伝授の関連キーワード細川幽斎(1534~1610)岐阜県郡上市大和町剣岐阜県郡上市大和町牧三条西公条飛鳥井雅章蓍に削り花牡丹花肖柏猪苗代兼与阿野公緒二条伝授中院通勝切紙伝授呼ぶ子鳥烏丸資慶里村昌琢細川藤孝烏丸光広歌道伝授下がり苔冷泉為村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android