呼立(読み)よびたて

精選版 日本国語大辞典の解説

よび‐たて【呼立】

〘名〙
① 呼びたてること。また、そのもの。
② 合図をして立ち去らせること。また、その合図。
※浮世草子・元祿大平記(1702)四「太鼓の呼立(ヨビタテ)をきくまでに」
③ 論義問答で職衆を指名する役。
※醍醐寺新要録(1620)「宗典僧正説云、呼立は学頭南都より上洛なれば必学頭役也」

よび‐た・てる【呼立】

[1] 〘自タ下一〙 よびた・つ 〘自タ下二〙 大声を出す。声を張り上げる。声高(こわだか)に呼ぶ。
※万葉(8C後)八・一五五〇「秋萩の散りのまがひに呼立(よびたて)て鳴くなる鹿の声の遙けさ」
[2] 〘他タ下一〙 よびた・つ 〘他タ下二〙
① わざわざ招き寄せる。呼び寄せる。
※義経記(室町中か)六「よびたて申事は、別の仔細になし」
② 声をかけて相手の注意をこちらに向けさせる。呼びかける。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「両がはよりよびたつるこへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android