コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醍醐寺新要録 だいごじしんようろく

1件 の用語解説(醍醐寺新要録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいごじしんようろく【醍醐寺新要録】

醍醐寺が創建された平安初期から1608年(慶長13)ころまでの醍醐寺関係の史料を類聚編纂した書。全22巻。編者は醍醐寺第80代座主義演(ぎえん)。濫觴(らんしよう)部,伽藍(がらん)部など14部に大別され,さらに各部は篇・類・段に細分される。多くの日記・文書が引用され,《醍醐雑事記(だいごぞうじき)》と並んで醍醐寺の組織,法会(ほうえ),荘園等を知る上での基本文献。京都府教育委員会から上・中・下の三巻本として公刊された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の醍醐寺新要録の言及

【義演】より

…義演はまた精力的に醍醐寺の聖教(聖人の教え)・文書等を研究,整理,書写し,筆まめにみずからの行動を記録した。《醍醐寺新要録》は義演の著したすぐれた寺誌であり《義演准后日記》《後七日御修法記》などはみずからの行動を記録したものである。【弥永 貞三】。…

※「醍醐寺新要録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

醍醐寺新要録の関連キーワード三宝院醍醐醍醐寺山伏と言ふとも坂上田村麻呂(758〜811)創建法隆寺実運尊真平野吉兵衛(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone