コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延昌 えんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

延昌 えんしょう

880-964 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)4年生まれ。比叡(ひえい)山で玄昭らに天台をまなぶ。天慶(てんぎょう)2年法性寺座主,翌年内供奉十禅師,9年天台座主となる。天徳2年僧正。祈祷をよくし,朱雀(すざく)・村上天皇の帰依(きえ)をうけた。応和4年1月15日死去。85歳。加賀(石川県)出身。通称は平等房和尚。諡号(しごう)は慈念

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

延昌の関連キーワード大乗教徒の乱大伴古麻呂度会延経藤斉延空也陽生実因明救

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android