コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本往生極楽記 にほんおうじょうごくらくき

5件 の用語解説(日本往生極楽記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本往生極楽記
にほんおうじょうごくらくき

平安時代の往生者の伝記集。慶滋保胤 (よししげのやすたね) 著。寛和年間 (985~987) 成立。人々を浄土教に帰依させるために,中国唐の『浄土論』や『往生西方浄土瑞応刪 (さん) 伝』にならって,日本で阿弥陀浄土往生をとげた者の例を示そうとしたもので,聖徳太子以下 47名の僧俗の伝記をあげているが,中心は著者と同時代の人である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほんおうじょうごくらくき〔ニホンワウジヤウゴクラクキ〕【日本往生極楽記】

平安時代の往生伝。1巻。慶滋保胤(よししげのやすたね)著。寛和元~2年(985~86)ごろ成立。聖徳太子以下45人の往生伝をまとめたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にほんおうじょうごくらくき【日本往生極楽記】

慶滋保胤(よししげのやすたね)選。寛和年間(985‐987)の成立。唐の《浄土論》《瑞応伝》にならって日本の往生者の伝を集め,42項目45人を僧尼・俗人男女の順に漢文体で記す。国史別伝・故老口伝を素材とするが,著者の伝聞とみられる同時代の往生者の記載が多い。以後に編纂(へんさん)された往生伝の範となり,《法華験記》や《今昔物語集》巻十五に再録されるなど,後世に及ぼした影響は大きい。往生伝【西口 順子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんおうじょうごくらくき【日本往生極楽記】

一巻。寛和年間(985~987),慶滋保胤よししげのやすたね著。聖徳太子以下四十人余の往生を記したもの。日本最初の往生伝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本往生極楽記
にほんおうじょうごくらくき

平安中期の往生伝。一巻。慶滋保胤(よししげのやすたね)著。初稿本の成立は983年(永観1)~986年(寛和2)。のちに兼明(かねあきら)親王に加筆を委嘱したが、987年(永延1)親王が薨(こう)じたため、著者がふたたび筆をとり完成させた。日本における最初の往生伝で、聖徳太子、行基(ぎょうき)、円仁(えんにん)以下45名の往生者(阿弥陀(あみだ)仏の浄土に往生した人)の略伝を記したもの。本書の浄土思想は、法華(ほっけ)・念仏一体の信仰が基調をなしており、来迎(らいごう)思想も顕著にうかがわれる。当時の天台浄土教の諸行(しょぎょう)往生思想を反映したものとみられよう。以後の往生伝に大きな影響を与えた。別名『日本往生伝』『慶氏(けいし)日本往生伝』。[多田一臣]
『井上光貞・大曽根章介校注『日本思想大系7 往生伝・法華験記』(1974・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本往生極楽記の言及

【説話文学】より

…説経唱導の資として多数の証話が求められ,それがやがて説話集や説経集に結晶したわけで,平安時代には,折々の信仰の動向と布教上の実需を反映して,多様な作品が制作された。《日本霊異記》の系譜につながる《日本感霊録(にほんかんりようろく)》(850ころ),上流婦女子向けの仏教テキスト《三宝絵詞(さんぼうえことば)》(984),浄土信仰の盛行が生み出した《日本往生極楽記》(986ころ),法華経信仰の諸相と功徳を説いた《本朝法華験記》(1044)などは,いずれも歴史的意味をになう個性的作品である。基盤となった説経の資料としては,院政期の《法華修法一百座聞書抄》《打聞集(うちぎきしゆう)》などが注目される。…

【慶滋保胤】より

…しかしこの改革運動も権力者の圧力によって崩壊し,986年(寛和2)に彼は比叡山横川(よかわ)の源信(げんしん)のもとで出家し寂心(じやくしん)と称した。このときすでに《日本往生極楽記》は完成していた。これは中国の《浄土論》や《瑞応删伝(ずいおうさんでん)》にならって日本における往生者45人の伝記を,国史や諸伝および自己の見聞によって記したもので,源信の《往生要集》が天台浄土教の立場から正しい念仏生活のための理論的指南書であるのと対をなしている。…

※「日本往生極楽記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本往生極楽記の関連キーワード往生伝池亭記勧学会幻住庵記慶滋寂心高岳相如慶滋為政寂照(寂昭)二十五三昧式

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone