定命(読み)じょうみょう

精選版 日本国語大辞典「定命」の解説

じょう‐みょう ヂャウミャウ【定命】

仏語
① 人の寿命には一の年限があることをいう。住劫においては、ほぼ八万歳を最長とし一〇歳を最短とする。じょうめい。
※身のかたみ(室町中頃)「それ人げんのありさま、ぢゃうみゃうむそぢと侍るに、ことしもすぎ侍りぬ」
※蓮如御文章(1461‐98)四「夫(それ)人間の寿をかぞふれば、いまのときの定命は五十六歳なり」
② 過去、現在の業で定まる寿命の意。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「我は行年六十三 定命(チャウメウ)さし引なしに 浮世の帳面さらりと消て」

てい‐めい【定命】

〘名〙 天から定められた運命。また、定まった命数。じょうみょう。じょうめい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「定命」の解説

【定命】ていめい

定められている運命。〔南史、顧覬之伝〕覬之、常に、命に定り、智力の移すに非ざるを執る。唯だ應(まさ)にを恭しうしてを守り、天に(まか)せに任ずべしと。~乃ち其のを以て、の子愿(げん)に命じて、定命論を作らしむ。

字通「定」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android