定命(読み)じょうみょう

精選版 日本国語大辞典「定命」の解説

じょう‐みょう ヂャウミャウ【定命】

〘名〙 仏語。
① 人の寿命には一定の年限があることをいう。住劫においては、ほぼ八万歳を最長とし一〇歳を最短とする。じょうめい。
※身のかたみ(室町中頃)「それ人げんのありさま、ぢゃうみゃうむそぢと侍るに、ことしもすぎ侍りぬ」
※蓮如御文章(1461‐98)四「夫(それ)人間の寿命をかぞふれば、いまのときの定命は五十六歳なり」
② 過去、現在の業で定まる寿命の意。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「我は行年六十三 定命(チャウメウ)さし引なしに 浮世の帳面さらりと消て」

てい‐めい【定命】

〘名〙 天から定められた運命。また、定まった命数。じょうみょう。じょうめい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android