コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌体十種 わかていじっしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和歌体十種
わかていじっしゅ

平安時代中期の歌学書。『忠岑 (ただみね) 十体』ともいう。壬生 (みぶ) 忠岑著。天慶8 (945) 年成立。漢文体の短い序文に続いて,本文として「古歌体」「神妙体」「直体」「余情体」「写思体」「高情体」「器量体」「比興体」「華麗体」「両方体」の 10体を掲げる。各体とも標目のあと,各5首の例歌を示し,次いで漢文体の簡潔な解説をつける。「詞凡流といえども,義幽玄に入る」といわれる「高情体」を最もすぐれた体とし,「神妙体」「余情体」「器量体」はこれから派生すると説く。また「写思体」をも重んじている。「高情体」はのちの「幽玄体」に,「写思体」は「有心 (うしん) 体」に相当すると考えられる。中国の詩学書や空海の『文鏡秘府論』,藤原浜成の『歌経標式』などからの影響が認められる。『道済十体』 (佚書) などに深い影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和歌体十種の関連キーワード壬生忠岑和歌十体漢文体幽玄体幽玄余情標目凡流

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android