コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幽玄体 ユウゲンタイ

デジタル大辞泉の解説

ゆうげん‐たい〔イウゲン‐〕【幽玄体】

言外に奥深い情趣・余情のある歌体幽玄様。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうげんたい【幽玄体】

歌論でいう十体の一。甚深絶妙の余情美が妖艶繊細な感覚のなかで表れている詠風の歌。幽玄様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の幽玄体の言及

【古来風体抄】より

…《万葉集》から《千載集》までの歌風の変遷を,鑑賞的に歌を批評しつつたどり,《古今集》の歌を本体とすべきことを力説。また,〈幽玄体〉を提唱し,天台宗の止観からの影響をうかがわせるなどの点に特色を有する。【赤瀬 知子】。…

【藤原俊成】より

…俊成はここで天台止観によそえて和歌の変遷を内観し(最初の和歌史観),浮言綺語(ふげんきぎよ)の和歌が仏法悟得の機縁たりうるという新価値観(狂言綺語観)を提示し,さらに《古今集》を歌の本体と仰ぐ伝統観(古典の定立)を述べる。俊成の新風は広義の幽玄体といわれ,幻想的な詩趣と優美な声調の調和の中に,陰翳(いんえい)のふかい耽美的情念を流露させ,抒情の世界に余情の新領域をひらいた。自讃歌〈夕されば野辺の秋風身にしみて鶉啼くなり深草の里〉(《千載集》巻四)は著名。…

※「幽玄体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幽玄体の関連キーワード古来風体抄和歌体十種正徹物語北原白秋長秋詠藻藤原俊成檜園梅明木俣修言外多磨八体歌論

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android