コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咸亨酒店 かんきょうしゅてん

1件 の用語解説(咸亨酒店の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

かんきょうしゅてん【咸亨酒店】

中国の浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)(シャオシン)市にある魯迅(ろじん)(ルーシュン)ゆかりの酒場。魯迅の叔父が1894年に開業した造り酒屋で、魯迅の名作『孔乙己(こういっき)』にはこの店が舞台として描かれている。数ある紹興酒のなかでも、国家の特許を獲得した最高傑作「太雕酒」と伝統的な浙江料理が味わえる由緒あるこの酒店は、当時の雰囲気が残され、現在も地元の人や観光客でにぎわっている。ここを訪れたら、ぜひとも味わいたいといわれているのが茴香豆(茴香で香りをつけた空豆)である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

咸亨酒店の関連キーワード馮仙湜洪昇浙江省黄酒焼石膏浙江姚江派少皥知念績高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone