コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品種登録制度

農林水産関係用語集の解説

品種登録制度

植物の新品種を育成した者に、一定の期間その新品種を独占的に利用できる権利(育成者権)を与える制度。 権利を得るには、品種登録出願をし、審査を経て登録の要件を満たすと判断され、品種登録を受けることが必要である。品種登録を受けている植物の新品種を利用したい者は、その権利者(育成者権者)の許諾を得る必要がある。

出典|農林水産省農林水産関係用語集について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone