コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品種登録制度

農林水産関係用語集の解説

品種登録制度

植物の新品種を育成した者に、一定の期間その新品種を独占的に利用できる権利(育成者権)を与える制度。 権利を得るには、品種登録出願をし、審査を経て登録の要件を満たすと判断され、品種登録を受けることが必要である。品種登録を受けている植物の新品種を利用したい者は、その権利者(育成者権者)の許諾を得る必要がある。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

品種登録制度の関連キーワード種苗管理センターシイタケ種苗法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android