許諾(読み)きょだく

精選版 日本国語大辞典「許諾」の解説

きょ‐だく【許諾】

〘名〙 他人の要求や希望などを聞き入れて、それを許すこと。承すること。
※万葉(8C後)一六・三八六九・左注「荒雄許諾遂従彼事、自肥前国松浦県美禰良久埼舶、直射対馬海」
※太平記(14C後)一八「程嬰『さらばは難きに付て命を全すべし。御辺は易きに付て討死せらるべし』と云に、杵臼悦で許諾(キョダク)す」 〔礼記‐曾子問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「許諾」の解説

きょ‐だく【許諾】

[名](スル)相手の希望やいを聞き入れて許すこと。「許諾を得る」「申し入れを許諾する」
[類語]許可承知認可承認認許允許いんきょ允可いんか容認許容聴許裁許免許公許官許許しオーケーライセンス勘弁容赦裁可特許宥恕黙許批准堪忍寛恕海容目こぼし見て見ぬふり(―する)許す認める見逃す見過ごす大目に見る目をつぶる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「許諾」の解説

【許諾】きよだく

承知する。〔史記、項羽紀〕~曰く、吾(われ)關に入りてより、~日夜將軍の至るをむ。豈にて反せんや。願はくは伯、(つぶ)さに臣(劉邦)の敢て(そむ)かざるをへと。項伯許す。

字通「許」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の許諾の言及

【電子情報の知的所有権】より

…これを避けるため,法律によって作成者等の権利を定めて保護し,価値のある情報の作成と公開を奨励するのが知的所有権制度である。 権利者は契約によってその権利の一部をライセンス(許諾)することができる。また,許諾を得ずに権利を侵害した者は,民事訴訟により,利用の差止め,損害賠償,信用または名誉の回復(たとえば謝罪広告)等の措置を請求されたり,あるいは刑事訴訟により懲役や罰金を求刑されることがある。…

※「許諾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android