コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲学雑誌 てつがくざっし

1件 の用語解説(哲学雑誌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てつがくざっし【哲学雑誌】

日本の代表的な哲学研究の専門誌。月刊。1887年に創刊された《哲学会雑誌》が92年に改題したもの。井上哲次郎三宅雪嶺,西周(にしあまね)らが1884年に創立した官学アカデミズムの濃い哲学会を基盤にし,哲学のみならず歴史学,文学など幅広い領域を対象にしていたが,しだいに東京大学哲学研究室を基盤とした哲学専門誌となった。発行所は哲学雑誌社から幾多の変遷を経て,現在は有斐閣である。【山本 武利】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

哲学雑誌の関連キーワード日本三景ヤスパース月刊「浪曲」300号赤鼠日本三急流対応時間の法則木造軸組工法(在来工法)科学研究費奨励研究萌芽的研究

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

哲学雑誌の関連情報