コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲学雑誌 てつがくざっし

世界大百科事典 第2版の解説

てつがくざっし【哲学雑誌】

日本の代表的な哲学研究の専門誌。月刊。1887年に創刊された《哲学会雑誌》が92年に改題したもの。井上哲次郎,三宅雪嶺,西周(にしあまね)らが1884年に創立した官学アカデミズムの濃い哲学会を基盤にし,哲学のみならず歴史学,文学など幅広い領域を対象にしていたが,しだいに東京大学哲学研究室を基盤とした哲学専門誌となった。発行所は哲学雑誌社から幾多の変遷を経て,現在は有斐閣である。【山本 武利】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

哲学雑誌の関連キーワードジョヴァンニ ジェンティーレマッソン=ウルセルP. ベルナイスA. デボリーン岩波書店[株]ジェンティーレオーロビンドイタリア哲学樋口 龍峡デボーリンレオナルド岩沢 丙吉井上 円了樋口龍峡土木技術北 昤吉紀平正美ネーゲルハーリヒ桑木厳翼

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android