唐弓(読み)トウユミ

  • とうゆみ タウ‥
  • とうゆみ〔タウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 繰綿(くりわた)を打って不純物を取り去り柔らかくするための道具。弓のように木に弦を張ったもので、古くは、牛の筋を弦として用いたが、のちは鯨を用いるようになる。わたゆみ。わたうちゆみ。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「店せばみ道まで乾せるたうゆみの遊ぶとさらに我が思はなくに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android