唐弓(読み)とうゆみ

精選版 日本国語大辞典「唐弓」の解説

とう‐ゆみ タウ‥【唐弓】

〘名〙 繰綿(くりわた)を打って不純物を取り去り柔らかくするための道具。弓のように木に弦を張ったもので、古くは、牛のを弦として用いたが、のちはを用いるようになる。わたゆみ。わたうちゆみ。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「店せばみ道まで乾せるたうゆみの遊ぶとさらに我が思はなくに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「唐弓」の解説

とう‐ゆみ〔タウ‐〕【唐弓】

繰綿くりわたを打って不純物を取り除き、やわらかくする道具。長さ1メートル半ほどの木弓にクジラの筋を弦に張ったもの。わたうちゆみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android